天真体道
天正道場 〜武道・瞑想・滝行〜


能力開発武道・居合・空手・柔術・棒術・杖術・滝行・瞑想
個人情報の取り扱いについて

わかめ体操とは

 

わかめ体操は天真体道(新体道・剣武天真流)の基本の体操の一つです。
基本は二人で行いますが、工夫次第で一人でも、大勢でもできます。とっても楽しい体操です。


わかめ体操に期待される効果は、たくさんあって書ききれないのですが主なものは以下です
・運動不足の解消 骨格(主に背骨)の調整
・バランス回復能力の向上、介護予防
・ダイエット
・各種不調(腰痛、頭痛、肩こり、不定愁訴、)の解消
・血圧の安定、血行の促進
・原始反射の残存に起因すると思われる各種の不調 の解消
・痴呆の予防、回復
・コミュニケーション能力の向上
・直感力の向上
・若返り
・アンチエイジング

・深い瞑想状態のもとで精神状態を集中へと導き、イメージ形成能力を向上させる。

わかめ体操は天真体道(新体道・剣武天真流)の基本の体操です


天真体道(新体道・剣武天真流)とは、青木宏之がつくりあげた総合能力開発大系です。その中には、武道、健康法、瞑想法、書道などなどが、含まれています。
どれをやっても良いのですが、全ての基本は

栄光
天真五相
瞑想組手

です。

栄光と、天真五相は武道から生まれた「型」です。 ですが、瞑想組み手には「型」がありません。

もともと、武道は戦場で生き残る術ですから、生き残るための能力を全開にするための方法です。
要するに武道=能力開発だったわけで、武道の型のなかには能力開発のエッセンスが詰まってます。
たくさんある武道の型の中から、エッセンスの部分を取り出してさらに型として再編したのが、栄光と天真五相です。

そして、瞑想組手。

わかめ体操は瞑想組手の一種です。
瞑想組手には光と戯れるというのもあります。
正式名称は「瞑想組手 水 ・風 」なのですが、「瞑想組手 わかめ体操」で通ってますし、海外ではwakame taisoでないと通じません。


新体道は空手と合気柔術から生まれましたから、たくさんの組み手が行われていました。
わかめ体操はこの、武道の組み手から生まれました。

わかめ体操がどうやって出来上がったか?
実はちょっと複雑で、創始者の青木師も一言では言えないようです。


いろんな要素が絡み合って出来上がったのが、わかめ体操なのですが、基本は武道の組手です。

ある時青木師は、楽天会の稽古で、ある男性会員(今は空手家として一派を率いている方)とある女性会員が大変に柔らかな組み手を行っているのに気付き、衝撃を受けます。

この衝撃はなんだろう? と自問自答する日々が続き、研究を進めました。


「連攻」という練習があります。突きと受けに分かれて、突きはひたすら中段(お腹を)突く、受けはひたすら捌く、ひたすら投げる。そういう組手です。

一つの起源が連攻にあります。空手の組手で突き手が五段制の二段にもなると、鋭く突いてくるのに硬く対応してたら間に合わないということ。だから柔らかく捌くのが青木師の空手でした。

そんな組手の中、弟子が突いて来た時に、自分のお腹を柔らかく変化させたら弟子の突きが柔らかくなった。
そこで、これはなんなんだ? と考えた。


そしてもう一つの起源には、手取り組手というのがあります。合気柔術の系統の組手です。手首を握られた時に、やはり柔らかくなったら、相手も柔らかくなった。

その手取り組手の延長線上には「光と戯れる」という組手があります。実は、先に「光と戯れる」が存在していて、ここから「わかめ体操」が生まれたと言っても間違いではありません。


自分が柔らかくなると、人も柔らかくなる。この現象はなんなんだろう?
と追求する過程で、わかめ体操は演劇やダンス、指圧を参考にしつつ出来上がりました。


現代人の心身を解放する、武道にとどまらない体技を求めていた天真体道創始者の青木師にとって、この体操の意味するところは大きいものでした。

そのため、天真体道の体系上大変重要な位置に「わかめ体操」はあるのです。

わかめ体操の意義は、やはり健康法です。
しかし健康法にとどまらないのが、わかめ体操です。

わかりやすいところでは武道的な動き、技への変化です。柔らかくかわし反撃、柔らかくかわしながら技につなげる。これを簡単に学ぶことが出来ます。


また、柔らかい動きから型の本来の意味を導き出すことができます。わかめ体操で培った柔らかい動きから、本来こうだったであろうと思われる型を生み出すこともできます。


宗教的、哲学的思索のきっかけになりますし、答えをくれます。


たとえば、わかめは「ああしよう、こうしよう、こう動こう、ああ動こう」とは考えません。全てをやわらかく受け入れます。ありのままです。
わかめはえり好みや、差別をしません。「この波には揺れてやらない」なんていうわかめもありません。


わかめ体操をしていると、動きが同調してきます。一体というのはこういうことかと体感します。

また、触れられる前に反応できるようになるので直感的な能力も向上するし、触れる、触れられるということを意識して行うので、優しく触れられることがどういうことか? ということも実感できます。


とにかくいろんなことを、この体操から学ぶことが出来ます。


こんなことを書いていると、新体道って宗教みたいだって言われちゃいますけど。。。
創始者・青木宏之師の言葉を借りれば 。。。。


「宗教みたいだとは失礼な! 新体道は宗教そのものだよ!」


☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


創始者がそう言うので、そうなんですよ(笑)

天真体道(新体道・剣武天真流)は強くなることを目的にしていません。
もっとも自分に近い自然である、自分の身体を通じて真理、真実を悟る道です。


だから、天真体道(新体道・剣武天真流)を稽古する稽古人にとって、教祖は自分、信者も自分一人です
稽古仲間は大事にしますけど、かと言って他人を信仰するのではありません。
自分の外にある神みたいなものを信仰するのではありません。


わかめ体操は、「もっとも自分に近い自然である、自分の身体を通じて真理、真実を悟る道」に用意された大変に優秀なツールの一つなのです。


感じよう天地のエナジー!!

当会は天真体道(能力開発武道・空手・杖術・棒術)および剣武天真流居合抜刀剣術を稽古しております。
曜日により稽古内容が変わりますのでご注意ください。
入会後、月謝会員を選択すると、剣武天真流の稽古を除き、月曜、水曜、木曜、日曜のクラスに出席自由となります。

 月曜  火曜  水曜  木曜 金曜  土曜  日曜 
 剣武天真流
14:00〜
 瞑想
15:00〜
     わかめ体操
体験会

(月1〜2回)
棒術 
こども基盤体技
17:00〜
こども基盤体技
18:00〜
剣武天真流
17:00〜
こども基盤体技
18:00〜
    剣武天真流
 剣武天真流
18:00〜
空手&基盤体技
19:00
 基盤体技・杖遊び
19:00〜
剣武天真流
20:45〜
わかめ体操
19:00〜
基盤体技
19:00〜 
からだの学び
19:00〜
(月1〜2回)


※棒術、剣武天真流は時間が変更になることがあります。

天真体道 天正道場〜武道・瞑想・滝行〜




このページのTOPへ

戻る