天真体道
天真体道 天正道場 〜武道・瞑想・滝行〜


能力開発武道・居合・空手・柔術・棒術・杖術
個人情報の取り扱いについて

天真体道創始者 青木宏之 師


創始者 青木宏之

1936年 横浜市に生まれる
1956年 中央大学法学部入学。空手部で二期連続主将
1963年 最高段位五段に推挙
1965年「楽天会」を結成。
1966年天真五相、栄光誕生。開放系稽古の大成。
1970年総合武道連盟結成。後、国際新体道連盟と改名。
1972年国際人間性心理学会東京大会で新体道を発表。
1984年日仏協力国際シンポジウム『科学・技術と精神世界』(於:筑波大学)にて日本武道の代表として演武。激しい動きをする武道家の脳波を測定する世界初の実験に参加し、「攻防一体」、秘技「遠当て」などに光を投げかけ、気ブームの先駆けとなった。
1990年「精神を開放し霊性を開発する体技−新体道−の創始」を画期的な業績として評価され、カリフォルニア神学大学院より文学博士号を授与される。
1992年NHK制作『驚異の小宇宙「人体」』海外版に大きく取り上げられる。
1995年衆議院の新春の勉強会の研究テーマとして新体道が選ばれ議長公邸にて演武。
1998年元伏見宮殿下が総裁を務める日本文化振興会の推薦により、世界平和功労大騎士勲章を国際学士院(本部:ロスアンジェルス)から授与。
2000年第7回新体道国際大会(於: 日本、羽黒)。放射線医学総合研究所にて日本初の国家予算による氣の計測実験が行われ、被験者として青木宏之・岡田満・青木太郎・大井秀樹らが参加、成果を上げる。
   
2001年天真書法塾を開講。
2006年瞑想カレッジを開講(アオキメソッド)。
   
2008年天真剣武(居合抜刀30本を創案)
   
 2017年  Le Ciel Foundationの招聘により世界12賢者の一人として、講演、演武をニューヨーク国連本部にて行う。
   
現在、
NPO天真体道名誉会長、国際新体道連盟(ISF)会長、剣武天真流宗家
天真書法塾塾長、人体科学会理事
筆禅会顧問などを兼任

このページのTOPへ

  • 『からだは宇宙のメッセージ』地湧社
  • 『青木宏之の道を創る道を開く』東洋経済新報社
  • 『生きる日輝く日』金花舎
  • 『光に舞う』新体道協会
  • 『新からだ主義宣言』ビジネス社
  • 『新体道―智慧をひらく新体技法』春秋社
  • 『自然なからだ 自由なこころ』春秋社
  • 『運をつかむ瞑想法』青春出版社
ほか ビデオ・DVD
  • 『滝行讃歌』インターナショナル信
  • 『潜在能力開発体術−新体道』(株)学研
  • 『新体道−気の栄光』(株)クエスト
  • 『新体道棒術』BABジャパン

感じよう天地のエナジー!!

当会は天真体道(能力開発武道・空手・杖術・棒術)および剣武天真流居合抜刀剣術を稽古しております。
曜日により稽古内容が変わりますのでご注意ください。
入会後、月謝会員を選択すると、剣武天真流の稽古を除き、月曜、水曜、木曜、日曜のクラスに出席自由となります。

 月曜  火曜  水曜  木曜 金曜  土曜  日曜 
 剣武天真流
14:00〜
 瞑想
15:00〜
     わかめ体操
体験会

(月1〜2回)
棒術 
こども基盤体技
17:00〜
こども基盤体技
18:00〜
剣武天真流
17:00〜
こども基盤体技
18:00〜
    剣武天真流
 剣武天真流
18:00〜
空手&基盤体技
19:00
 基盤体技・杖遊び
19:00〜
剣武天真流
20:45〜
わかめ体操
19:00〜
基盤体技
19:00〜 
からだの学び
19:00〜
(月1〜2回)


※棒術、剣武天真流は時間が変更になることがあります。

お問い合わせ
天正道場 〜武道・瞑想・滝行〜



このページのTOPへ

戻る